カラーリング後のヘアケアとは。

美容室では何故カラーリング後にトリートメントをおすすめするのか?
それはカラー剤はアルカリなので、アルカリが残留するとphがアルカリ性に傾きます。なので色が褪色しやすいのと、トリートメントは酸性側に調整されているのでphを整える為にもカラーリング後のトリートメントは大事になってきます。

し、か、し、
このトリートメントをする事により色の変色や褪色にもつながってしまうのです。
カラーリング後はアルカリの残留やキューティクルが傷みで開いた状態です。そこで開いた状態のキューティクルにトリートメントをしたら、キューティクルを閉じていないので色素がトリートメントと一緒に出てしまいます。
そしたらどうしたらいいのか?
クロロムではトリートメントの前にリンゴ酸やキトサンなどで髪のキューティクルを閉めてからトリートメントをさせてもらっています。
リンゴ酸はキューティクルを閉めながらphを整えるのと、キトサンは髪の表面に網目状の被膜を作り、褪色などの防止にもなり、網目状なのでトリートメントの浸透も邪魔しません。
トリートメントはただやれば良い訳ではなく、美容師側の配慮も必要なのが難しいですね。
シャンプーはアミノ酸系のシャンプーが褪色を遅くしてくれます。
ヘアケアには美容師だけではなく、みなさんも知識を知っておくと、ヘアケア商品を選ぶ時の参考になると思います。

クロロムでした〜。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
PR
selected entries
categories
archives
recent comment
search this site.

others
mobile
qrcode